生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 92(1): 43-47 (2020)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2020.920043

特集Special Review

K33ユビキチン鎖の機能The role of K33-linked polyubiquitin

東京医科歯科大学医学部附属病院消化器内科Department of Gastroenterology and Hepatology Medical Hospital,Tokyo Medical and Dental University (TMDU) ◇ 〒113–8510 東京都文京区湯島1–5–45 ◇ 1–5–45 Yushima, Bunkyo-ku, Tokyo, 113–8510, Japan

発行日:2020年2月25日Published: February 25, 2020
HTMLPDFEPUB3

非定型ユビキチン鎖であるK33ユビキチン鎖は定常状態では絶対量が少ないといわれている.K33ユビキチン鎖の形成にはHECT型E3ユビキチンリガーゼAREL1が同定され,K29・K33ユビキチン鎖に対する特異的な脱ユビキチン化酵素としてovarian tumor(OTU)ファミリーのTRABID(ZRANB1)が同定されている.K33ユビキチン鎖の生理的機能の意義にはいまだ不明の点が多いが,近年ユビキチン鎖の網羅的な検討によりT細胞受容体シグナル,I型インターフェロンシグナル,DNA損傷応答への関与が示唆されている.我々はK33ユビキチン鎖の可視化からK33ユビキチン鎖のオートファジーとの関与を明らかにしたので概説する.

This page was created on 2019-12-24T16:30:36.972+09:00
This page was last modified on 2020-02-10T17:48:42.000+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。