生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 92(1): 94-106 (2020)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2020.920094

総説Review

幹細胞を制御する糖鎖Glycans which regulate the stem cell state

1創価大学工学研究科生命情報工学専攻Department of Bioinformatics, Graduate School of Engineering, Soka University ◇ 〒192–8577 東京都八王子市丹木町1–236 ◇ 1–236 Tangi-machi, Hachioji, Tokyo 192–8577, Japan

2創価大学理工学部糖鎖生命システム融合センターGlycan & Life System Integration Center (GaLSIC), Faculty of Science and Engineering, Soka University ◇ 〒192–8577 東京都八王子市丹木町1–236 ◇ 1–236 Tangi-machi, Hachioji, Tokyo 192–8577, Japan

発行日:2020年2月25日Published: February 25, 2020
HTMLPDFEPUB3

細胞表面に提示される糖鎖は,発生段階および組織特異的に発現が制御され,胚性幹細胞のマーカーとしても使われている.しかし,幹細胞における糖鎖の役割については,不明な点が多かった.一方,さまざまな糖鎖がシグナルの制御に関わっていることがわかっている.ヘパラン硫酸などの硫酸化糖鎖は,FGF, Wnt, BMP, Hhなどの共受容体として機能し,NotchのO-Fuc修飾はNotchシグナルに必須である.O-GlcNAc修飾は細胞内に起こるさまざまな分子のリン酸化と競合している.これらのシグナルは,多能性幹細胞や組織幹細胞,さらには,がん幹細胞の維持や分化を決めており,糖鎖もまた,これらの幹細胞の維持や分化に関与すると考えられた.本稿では,多能性幹細胞,組織幹細胞,がん幹細胞における糖鎖の機能を,筆者らの研究も含めて概説する.

This page was created on 2020-01-09T09:08:30.492+09:00
This page was last modified on 2020-02-07T11:33:57.000+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。