生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 92(3): 349-359 (2020)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2020.920349

特集Special Review

ゼブラフィッシュの全組織グライコミクスSystems glycomics of adult zebrafish

1名古屋大学生物機能開発利用研究センターBioscience and Biotechnology Center, Nagoya University ◇ 〒464–8601 名古屋市千種区不老町 ◇ Furo-cho, Chikusa-ku, Nagoya 464-8601, Japan

2リール大学構造機能グライコミクス研究所Functional and Structural Glycobiology Institute, University of Lille ◇ CNRS, UMR 8576 –UGSF, F-59000 Lille, France

3名古屋大学大学院生命農学研究科Graduate School of Bioagricultural Sciences, Nagoya University ◇ 〒464–8601 名古屋市千種区不老町 ◇ Furo-cho, Chikusa-ku, Nagoya 464–8601, Japan

発行日:2020年6月25日Published: June 25, 2020
HTMLPDFEPUB3

ゼブラフィッシュの成体臓器について全グライコーム解析を行い,タンパク質N-グリカンおよびO-グリカン,糖脂質(GSLs)について,それぞれ249, 69, 286種類が同定され,豊富で多種多様なグライコームが証明された.数多くの哺乳類と共通な構造に加え,そこに特徴的な糖残基付加が起こって形成されるゼブラフィッシュ特異的構造も存在する一方,ゼブラフィッシュには存在しない哺乳類特有な構造の存在も明らかになった.また,全グライコーム解析から腸における細菌叢に由来する単糖が臓器内の代謝に利用される実態がわかり,新しい生理学的過程の発見となった.本研究のゼブラフィッシュの臓器特異的グライコーム地図が,特異的な糖鎖関連酵素遺伝子の発現パターンと合わせて提供されれば,ゼブラフィッシュの糖鎖機能解析における有効利用が期待される.

This page was created on 2020-04-20T09:50:12.501+09:00
This page was last modified on 2020-05-28T08:16:50.000+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。