生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 92(5): 626-631 (2020)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2020.920626

特集Special Review

多価不飽和脂肪酸と脳機能Beneficial effects of polyunsaturated fatty acids on the brain functions

城西大学薬学部薬科学科栄養生理学Laboratory of Nutritional Physiology, Department of Pharmaceutical Sciences, Faculty of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences, Josai University ◇ 〒350–0295 埼玉県坂戸市けやき台1–1 ◇ 1–1 Keyakidai, Sakado, Saitama 350–0295, Japan

発行日:2020年10月25日Published: October 25, 2020
HTMLPDFEPUB3

脳には脂質が豊富に存在しており,その中でも多価不飽和脂肪酸は,細胞膜リン脂質の構成要素である.膜の構成要素である多価不飽和脂肪酸は,脳機能にも影響を与え,その種類が細胞膜を介した神経伝達やその後の細胞情報伝達に影響し,情動や神経変性疾患に関連することも明らかになっている.ここでは,脳機能に対する多価不飽和脂肪酸について,膜の流動性に対する影響,神経伝達に対する影響,脳の発達や機能維持に重要な神経幹細胞の増殖や分化に対する多価不飽和脂肪酸とその代謝物の影響をまとめた.多価不飽和脂肪酸の脳機能に対する重要性が明らかになりつつあり,今後多価不飽和脂肪酸を標的とした疾患の予防や治療がさらに発展すると考えられる.

This page was created on 2020-08-31T14:35:17.183+09:00
This page was last modified on 2020-09-28T08:14:13.000+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。