生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 92(5): 680-687 (2020)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2020.920680

特集Special Review

胆汁酸による脂肪合成系の制御Regulation of lipogenesis by bile acids

富山大学学術研究部薬学・和漢系Laboratory of Nutritional Biochemistry, Institute of Natural Medicine, University of Toyama ◇ 〒930–0194 富山市杉谷2630 ◇ 2630 Sugitani, Toyama 930–0194, Japan

発行日:2020年10月25日Published: October 25, 2020
HTMLPDFEPUB3

トリグリセリドは貯蔵型エネルギーであるが,それが肝臓や脂肪組織において過剰に蓄積することで,生活習慣病を中心としたさまざまな疾患の原因になる.一方,古くから胆汁酸が生体のトリグリセリド量の調節に,重要な役割を担っていることが示唆されていたものの,その機構は不明のままだった.その後胆汁酸が核内受容体であるファルネソイドX受容体(FXR)に作用して,脂肪合成系の活性を制御する仕組みが解明され,生体のトリグリセリド量の調節における胆汁酸の関わりが明らかになった.本稿では胆汁酸がFXRを介して脂肪合成系を制御する仕組みについて概説し,さらに脂肪合成系の制御における胆汁酸の利用についての可能性を,最近の基礎ならびに臨床研究から考察する.

This page was created on 2020-09-01T10:05:42.177+09:00
This page was last modified on 2020-09-28T08:23:46.000+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。