生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 93(1): 24-34 (2021)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2021.930024

特集Special Review

食と栄養による脂肪組織の機能制御Modulation of adipose tissue function by diet and nutrition

北海道大学大学院獣医学研究院生化学教室Laboratory of Biochemistry, Faculty of Veterinary Medicine, Hokkaido University ◇ 札幌市北区北18条西9丁目 ◇ Kita-18 Nishi-9, Kita-ku, Sapporo

発行日:2021年2月25日Published: February 25, 2021
HTMLPDFEPUB3

哺乳類は白色と褐色の2種類の脂肪組織を持つが,いずれも食との関わりが大きい.過食によるエネルギー摂取の増大は白色脂肪組織の増大を引き起こし,肥満やメタボリックシンドロームを引き起こす.一方,褐色脂肪は食事により活性化して食事誘発性熱産生により余剰なエネルギーを消費する役割が示唆されてきた.本稿でははじめに2種類の脂肪組織の機能と生理的役割について概説し,後半では食事や食品成分が脂肪組織に与える影響,そして脂肪組織が食に与える影響について紹介する.

This page was created on 2020-12-24T16:13:04.016+09:00
This page was last modified on 2021-02-08T14:54:19.000+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。