生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 93(1): 109-116 (2021)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2021.930109

特集Special Review

遺伝子多型によるビタミンの不足と対策Vitamin deficiency among persons with genetic polymorphism an measures

女子栄養大学Kagawa Nutrition University ◇ 〒350–0288 埼玉県坂戸市千代田3–9–21 ◇ 3–9–21 Chiyoda, Sakado-city, Saitama 350–0288, Japan

発行日:2021年2月25日Published: February 25, 2021
HTMLPDFEPUB3

国民健康・栄養調査では葉酸*,DHA, ビタミンA, B1, B2, B6, C等が推奨量(*はWHO)を満たしていない.推奨量は性・年齢ごとに一律に定められているが,葉酸,DHA, ビタミンA等の遺伝子変異型多型保持者(MTHFR, FADS1等)では野生型多型に較べると不足が顕在化し発症リスクとなる.遺伝子対応医学は糖尿病等の多因子疾患では困難であるが,ビタミン補給は変異型多型の疾病予防に有効である.長期の無作為化対照試験は栄養では困難であるが,遺伝子多型が既知であれば,多型が無作為に生じるためメンデルランダム解析で観察研究の因果関係が求まる.特に葉酸は82か国で穀類への添加が義務づけられ,二分脊椎症,循環器疾患,認知症等が減少した.日本では遺伝子対応介入の長期追跡調査はまれであるが,筆者らの遺伝子対応栄養指導では,多型の告知により行動変容が容易となるなどの実績を挙げている.

This page was created on 2020-12-25T15:59:14.416+09:00
This page was last modified on 2021-02-04T15:32:41.000+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。