生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 93(1): 117-123 (2021)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2021.930117

特集Special Review

パーソナルゲノム情報の栄養・食品分野への応用Application of personal genome information to nutrition and food science

1株式会社ジーンクエストGenequest Inc. ◇ 〒105–0014 東京都港区芝5–29–11G-BASE田町3階 ◇ G-BASE Tamachi 3F, 5–29–11, Shiba, Minato-ku, Tokyo 105–0014, Japan

2東京大学大学院農学生命科学研究科応用生命化学専攻Department of Applied Biological Chemistry, Graduate School of Agricultural and Life Sciences, The University of Tokyo ◇ 〒113–8657 東京都文京区弥生1–1–1 ◇ 1–1–1, Yayoi, Bunkyo-ku, Tokyo 113–8657, Japan

発行日:2021年2月25日Published: February 25, 2021
HTMLPDFEPUB3

ヒトの全ゲノム解析が完了したことで,ゲノム情報を活用した研究が可能になり,その成果が多数報告されている.またゲノム解析技術の発展により,一般個人向けにゲノム解析を提供し,個人が自らのゲノム情報を持つというサービスが登場している.ここではパーソナルゲノムサービスのゲノムデータベースの仕組みや研究活用の可能性と,実際にデータベースを活用した研究事例のうち,栄養・食品分野に関する研究成果を紹介する.また,パーソナルゲノムサービスを活用したインターネット・コホートの利点についてや,生命科学のビッグデータを活用した先に待っている未来の可能性についてパーソナルゲノムサービスを提供する中でみえてきた知見や考察を紹介する.

This page was created on 2021-01-04T16:20:18.966+09:00
This page was last modified on 2021-02-04T16:11:25.000+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。