生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 93(2): 203-211 (2021)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2021.930203

総説Review

酵母におけるプロリンの新しい生理機能と代謝調節機構Physiological functions and metabolic regulations of proline in yeast

奈良先端科学技術大学院大学先端科学技術研究科バイオサイエンス領域Division of Biological Science, Graduate School of Science and Technology, Nara Institute of Science and Technology ◇ 〒630–0192 奈良県生駒市高山町8916–5 ◇ 8916–5 Takayama, Ikoma, Nara 630–0192, Japan

発行日:2021年4月25日Published: April 25, 2021
HTMLPDFEPUB3

近年,アミノ酸はタンパク質の構成成分のみならず,それ自体に多様な生理機能があることが報告されている.中でも,プロリンは他のアミノ酸と比較して多くの生理機能が知られており,生体の恒常性維持に重要である.筆者らは20年以上に及ぶ研究によって,酵母におけるプロリンの生理機能として,活性酸素種レベルの制御,リボソームの選択的オートファジー(リボファジー)への関与,細胞寿命の調節などを明らかにした.さらに最近,プロリンの代謝調節機構に関連し,細胞内への取り込み抑制にアルギニンが関与することを見いだした.また,プロリン高含有酵母を育種し,発酵生産プロセスへの応用にも取り組んでいる.本稿では,筆者らがこれまでに解析してきた酵母におけるプロリンの生理機能と代謝調節機構について,最新の知見を応用展開も含めて概説する.

This page was created on 2021-02-26T11:56:30.916+09:00
This page was last modified on 2021-04-02T15:23:17.000+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。