生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 93(3): 298-304 (2021)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2021.930298

特集Special Review

カイコの遺伝暗号拡張による非天然アミノ酸含有タンパク質素材の創製Protein materials with synthetic amino acids developed by genetic code expansion of silkworm

国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 生物機能利用研究部門Institute of Agrobiological Sciences, National Agriculture and Food Research Organization (NARO) ◇ 〒350–8634 茨城県つくば市大わし1–2 ◇ 1–2 Owashi, Tsukuba, Ibaraki 305–8634, Japan

発行日:2021年6月25日Published: June 25, 2021
HTMLPDFEPUB3

カイコは5千年もの昔から人類がシルク生産に利用してきた産業動物であると同時に,鱗翅目昆虫(ガやチョウの仲間)を代表するモデル生物でもある.近年,カイコにおいても遺伝子組換えやゲノム編集等のバイオテクノロジーが確立されつつある.それらを利用した高機能な繊維タンパク質や薬剤タンパク質のカイコでの生産が世界中で研究され,服飾・医療・電子等の幅広い分野での活用が期待されている.新たなバイオテクノロジーとして遺伝暗号拡張(翻訳システムの改変)の手法をカイコに適用することで,非天然アミノ酸を含むシルクの生産が可能となった.アジド基を持つ非天然アミノ酸を導入したシルクではクリック反応を用いて望みの機能分子を簡単に結合でき,多様な性質を柔軟に付加した素材を作出できるようになった.

This page was created on 2021-05-14T10:41:24.291+09:00
This page was last modified on 2021-06-15T08:41:25.000+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。