生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 93(3): 315-321 (2021)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2021.930315

特集Special Review

放線菌二次代謝における非標準アミノ酸とその生合成Biosynthesis of nonproteinogenic amino acids in secondary metabolism of actinomycetes

東京大学大学院農学生命科学研究科応用生命工学専攻,東京大学微生物科学イノベーション連携研究機構(CRIIM)Department of Biotechnology, Graduate School of Agricultural and Life Sciences, The University of Tokyo, Collaborative Research Institute for Innovative Microbiology, The University of Tokyo ◇ 〒113–8657 東京都文京区弥生1–1–1 ◇ 1–1–1 Yayoi, Bunkyo-ku, Tokyo 113–8657, Japan

発行日:2021年6月25日Published: June 25, 2021
HTMLPDFEPUB3

放線菌が生産するペプチド性二次代謝産物は,その生合成機構によって2種に大別することができる.そのうちの一つが非リボソームペプチド(NRP)であり,非リボソームペプチド合成酵素(NRPS)によって作られる.NRPにはさまざまな非標準アミノ酸が含まれているが,生合成途中あるいは生合成後にアミノ酸残基が修飾を受ける場合と非標準アミノ酸がペプチドに取り込まれる場合がある.後者では,多くの場合,独自の経路によって非標準アミノ酸が生合成される.非標準アミノ酸はNRPの構造多様性に大きく寄与しており,NRPの生理活性に重要な役割を果たしていると考えられる.本稿では,NRPにみられる非標準アミノ酸を概説したのち,筆者らが生合成研究を行っているJBIR-34, -35およびrufomycinに含まれる非標準アミノ酸の生合成について,新たに見いだした非標準アミノ酸の生合成経路・生合成酵素を中心に紹介する.

This page was created on 2021-05-14T11:35:05.462+09:00
This page was last modified on 2021-06-15T08:33:01.000+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。