生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 93(3): 338-348 (2021)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2021.930338

特集Special Review

アミノ酸リガーゼやアデニル化酵素を利用したジペプチドの合成Synthesis of various dipeptides using amino acid ligases and adenylate-forming enzymes

早稲田大学大学院先進理工学研究科Department of Applied Chemistry, Graduate School of Advanced Science and Engineering, Waseda University ◇ 〒169–8555 東京都新宿区大久保3–4–1 ◇ 3–4–1 Ohkubo, Shunjuku-ku, Tokyo 169–8555, Japan

*1

現所属:早稲田大学理工学術院総合研究所(〒169–8555 東京都新宿区大久保3–4–1)Waseda Research Institute for Science and Engineering, Waseda University, 3–4–1 Ohkubo, Shunjuku-ku, Tokyo 169–8555, Japan

*2

現所属:京都大学大学院農学研究科(〒606–8502 京都府京都市左京区北白川追分町)Laboratory of Industrial Microbiology, Graduate School of Agriculture, Kyoto University, Kitashirakawa-oiwakecho, Sakyo-ku, Kyoto 606–8502, Japan

発行日:2021年6月25日Published: June 25, 2021
HTMLPDFEPUB3

生物の生命維持を担っているタンパク質は20種類のL体に偏ったアミノ酸で主に構成されているが,生物に内在するアミノ酸やペプチド関連の代謝酵素の働きによって自然界に存在するアミノ酸誘導体は種類も多く,その構造や機能は多岐にわたり,きわめて広い多様性を有している.微生物が作り出すそれらアミノ酸誘導体の生合成機構や反応システムを理解してモノづくりに応用することは,新たな創薬原料や機能性化合物の創出に貢献するものと考える.筆者らは,微生物の緻密でありながらも柔軟性のある多様な機能を巧みに利用することで,D-アミノ酸を含む非天然アミノ酸の効率的な合成法やキラリティ制御を可能とする革新的なアミド結合形成反応システムを開発しており,非標準アミノ酸を含む任意のオリゴペプチドやジケトピペラジンなどの合成に成功している.

This page was created on 2021-05-14T16:34:18.737+09:00
This page was last modified on 2021-06-11T13:04:50.000+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。