生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 93(3): 366-372 (2021)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2021.930366

総説Review

血管新生の終結と血管安定性をもたらす血流シグナル分子スフィンゴシン1-リン酸Vascular stabilization by Sphingosine 1-phosphate

国立国際医療研究センター脂質シグナリングプロジェクトDepartment of Lipid Signaling, National Center for Global Health and Medicine ◇ 〒162–8655 東京都新宿区戸山1–21–1 ◇ 1–21–1 Toyama, Shinjuku-ku, Tokyo 162–8655, Japan

発行日:2021年6月25日Published: June 25, 2021
HTMLPDFEPUB3

全身にはりめぐらされた血管網は,血管の発芽から始まる血管新生により形成される.血管網により血液を介して酸素や栄養を組織に効率的に供給するためには,その分岐数が過不足なく適切に制御される必要がある.特に新規に作られ血液灌流の開始した血管においては,血管内腔からのシグナル分子により新たな血管の発芽を抑制しその安定化を促すメカニズムが存在する.そのような血液中の血管新生終結・血管安定化メディエーターの代表として,スフィンゴシン1-リン酸があげられる.本稿では,近年筆者らが取り組んだゲノムワイドなオープンクロマチン領域解析による研究成果を中心に,血液中に豊富に含まれる脂質メディエーターであるスフィンゴシン1-リン酸の血管新生の終結・血管安定化における役割とその作用発揮メカニズムについての知見を紹介する.

This page was created on 2021-05-07T16:34:29.135+09:00
This page was last modified on 2021-06-11T13:52:45.000+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。