生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 93(5): 613-620 (2021)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2021.930613

特集Special Review

超硫黄分子の新規分析方法の開発Development of a novel method for analyzing supersulfides

大阪府立大学大学院理学系研究科生物科学専攻Department of Biological Science, Graduate School of Science, Osaka Prefecture University ◇ 〒599–8531 大阪府堺市中区学園町1–1 ◇ 1–1 Gakuen-cho Naka-ku, Sakai, Osaka 599–8531, Japan

発行日:2021年10月25日Published: October 25, 2021
HTMLPDFEPUB3

生体内レドックスホメオスタシスは,親電子性物質の産生・除去・代謝を介して,精密に制御されている.システインパースルフィド(CysSSH)などの超硫黄分子は,種横断的に生体内で内因的に産生され,強力な抗酸化活性・レドックスシグナル制御活性を示す生理活性物質である.近年,超硫黄分子のユニークな化学特性が徐々に明らかにされるとともに,さまざまな新規分析技術が開発され,タンパク質翻訳時にCysSSHが新生鎖ペプチドに取り込まれることや,哺乳動物のミトコンドリアにおいてCysSSHとその関連硫黄代謝物がエネルギー生成およびミトコンドリア生合成に利用されていることなど,多彩な細胞機能に関与することが報告されてきている.さらに,疾患との関連や,食品中の超硫黄分子の存在様式についての知見が集まりつつある.

This page was created on 2021-09-03T15:19:49.308+09:00
This page was last modified on 2021-10-14T14:11:23.000+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。