生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 93(5): 621-627 (2021)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2021.930621

特集Special Review

量子化学計算・ラマン分光法を用いた硫黄化合物の構造解析の動向Trends in the structural analysis of sulfur compounds using quantum chemical calculations and Raman spectroscopy

東北大学大学院薬学研究科Graduate School of Pharmaceutical Sciences, Tohoku University ◇ 〒980–8578 仙台市青葉区荒巻字青葉6–3 ◇ 6–3 Aoba, Aramaki, Aoba-ku, Sendai 980–8578, Japan

発行日:2021年10月25日Published: October 25, 2021
HTMLPDFEPUB3

分子内に過剰に連結した硫黄原子を持つ超硫黄分子は,生理機能に対してさまざまな役割を示すことが報告されている.生化学反応の機構について,超硫黄分子の構造および電子状態に基づく分子論的視点から明らかにすることは,超硫黄分子の役割の理解,超硫黄分子を用いた創薬などの展開に必須となる.本稿では,量子化学計算を用いた超硫黄分子の構造や反応性に関する最近の研究例を紹介する.また,細胞内分子をラベルフリーで測定するラマン分光法にも着目し,細胞内に存在する超硫黄分子のラベルフリー検出と量子化学計算を用いた構造解析の可能性について言及した.

This page was created on 2021-09-03T15:46:57.358+09:00
This page was last modified on 2021-10-14T14:14:29.000+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。