生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 93(5): 660-665 (2021)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2021.930660

特集Special Review

セレンによる超硫黄分子ターンオーバーTurnover of super sulfide species by selenium

東北大学大学院薬学研究科Graduate School of Pharmaceutical Sciences, Tohoku University ◇ 〒980–8578 宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉6–3 ◇ 6–3 Aoba, Aramaki, Aoba-ku, Sendai, Miyagi 980–8578, Japan

発行日:2021年10月25日Published: October 25, 2021
HTMLPDFEPUB3

超硫黄分子とセレン(セレノール)は化学的に似た性質を示すが,両者の関係はよくわかっていない.最近,セレン含有タンパク質であるチオレドキシンレダクターゼが,超硫黄分子の消去活性を示すことが明らかとなった.我々の研究からも,セレン含有タンパク質グルタチオンペルオキシダーゼの模倣薬エブセレンが超硫黄分子を消去する活性を示すことが示唆された.これまで,活性中心にシステインを用いる多くの酵素活性は超硫黄分子の付加により低下することが示されており,このような超硫黄分子の消去系,すなわちターンオーバーシステムは,そのような酵素活性のファインチューニングに寄与する可能性が考えられる.また,合わせて本稿では,化学的には似ている超硫黄分子とセレンの生体内の役割における相違点についても概説する.

This page was created on 2021-09-08T15:33:04.941+09:00
This page was last modified on 2021-10-14T14:31:08.000+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。