生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 93(5): 684-690 (2021)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2021.930684

特集Special Review

タンパク質のシステインリン酸化によるシグナル伝達Signal transduction mediated by protein cysteine phosphorylation

大阪大学微生物病研究所Research Institute for Microbial Diseases, Osaka University ◇ 〒565–0871 大阪府吹田市山田丘3–1 ◇ 3–1 Yamadaoka, Suita, Osaka 565–0871, Japan

発行日:2021年10月25日Published: October 25, 2021
HTMLPDFEPUB3

リン酸化はタンパク質の翻訳後修飾としてよく知られ解析されてきたが,システインの硫黄原子がリン酸化されることが見つかった.悪性化したがん組織で高発現しているPRL分子内の特定システインが細胞外Mg2+濃度依存的にダイナミックにリン酸化・脱リン酸化され,その機能阻害標的分子のMg2+トランスポーターCNNMとの結合が調節されていることが明らかになった.細菌でも病原性を規定する転写因子がシステインリン酸化される事例が示されている.これまでのところ,細菌と哺乳動物でそれぞれ一つずつの事例が知られるだけであるが,化学的に不安定な性質のために見逃されてきた可能性があり,今後の詳細な解析によってその普遍的な重要性が明らかになることが期待される.

This page was created on 2021-09-09T08:41:46.92+09:00
This page was last modified on 2021-10-14T14:40:14.000+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。