生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 93(5): 702-707 (2021)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2021.930702

特集Special Review

心筋の頑健性と超硫黄分子代謝Myocardial robustness and supersulfide metabolism

1九州大学大学院薬学研究院生理学分野Department of Physiology, Graduate School of Pharmaceutical Sciences, Kyushu University ◇ 〒812–8582 福岡県福岡市東区馬出3–1–1 ◇ 3–1–1 Maidashi, Higashi-ku, Fukuoka 812–8582, Japan

2自然科学研究機構生命創成探究センター(生理学研究所)心循環シグナル研究部門Division of Cardiocirculatory Signaling, National Institute for Physiological Sciences & Exploratory Research Center on Life and Living Systems, National Institutes of Natural Sciences ◇ 〒444–8787 愛知県岡崎市明大寺町字東山5–1 ◇ 5–1 Higashiyama Myodaiji, Okazaki, Aichi 444–8787, Japan

発行日:2021年10月25日Published: October 25, 2021
HTMLPDFEPUB3

心筋は,動物が生まれてから死ぬまで入れ替わることなく,常に拍動し続けるきわめて頑健な細胞である.最近の研究から,システインパースルフィド(CysSSH)やポリスルフィド(CysSnH)に代表される硫黄原子が複数連なった,電子授受能に優れた分子種(超硫黄分子)が,ミトコンドリアの形態機能維持を介して心筋のストレス抵抗力に寄与することが明らかになってきた.本稿では,超硫黄分子によるミトコンドリアのエネルギー代謝や品質管理維持の分子制御機構および心臓におけるその病態生理学的意義について,筆者らの最新の知見を紹介する.

This page was created on 2021-09-09T11:54:44.267+09:00
This page was last modified on 2021-10-14T15:06:29.000+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。