生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 94(1): 37-48 (2022)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2022.940037

総説Review

リポ多糖を介したプロテアーゼ前駆体の自己触媒的活性化機構The molecular mechanism of autocatalytic activation in a protease zymogen triggered by the interaction with lipopolysaccharide

九州大学大学院理学研究院生物科学部門Department of Biology, Faculty of Science, Kyushu University ◇ 〒819–0935 福岡市西区元岡744 ◇ 744 Motooka, Fukuoka 819–0395, Japan

発行日:2022年2月25日Published: February 25, 2022
HTMLPDFEPUB3

複数のプロテアーゼ前駆体からなる活性化の連鎖反応,すなわちプロテアーゼのカスケード反応は,哺乳類の血液凝固系で初めて報告されて以来,生体防御システムの一つとして多くの生化学教科書に記載され,広く認知されている.一方ではプロテアーゼカスケードの最上流に位置するプロテアーゼ前駆体の活性化は,前駆体どうしの「近接効果」による分子間相互作用を介して,自己触媒的な活性化で起こると説明される.しかし,自己触媒的活性化という概念を支える分子機構の実態は推測の域を出ていない.この総説では,リポ多糖(lipopolysaccharide:LPS)をトリガーとして自己触媒的活性化を引き起こすプロテアーゼ前駆体であるカブトガニのProchelicerase Cを中心に,プロテアーゼ前駆体の自己触媒的活性化の分子機構に迫りたい.

This page was created on 2022-01-17T15:17:44.886+09:00
This page was last modified on 2022-02-09T09:43:56.000+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。