生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 94(2): 205-210 (2022)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2022.940205

特集Special Review

マウス生体内におけるミトコンドリアのエネルギー産生機能評価Evaluation of mitochondrial energy production in vivo

1国立循環器病研究センター研究所研究推進支援部National Cerebral and Cardiovascular Center ◇ 〒564–8565 大阪府吹田市岸部新町6–1 ◇ 6–1 Kishibe-Shimmachi, Suita, Osaka 564–8565, Japan

2富山県立大学生物・医薬品工学専攻Department of Pharmaceutical Engineering, Faculty of Engineering, Toyama Prefectural University ◇ 〒939–0398 富山県射水市黒河5180 ◇ 5180 Kurokawa, Imizu, Toyama 939–0398, Japan

発行日:2022年4月25日Published: April 25, 2022
HTMLPDFEPUB3

ミトコンドリアの生理機能はエネルギー産生,ステロイドやヘムなどの合成,カルシウムや鉄の細胞内濃度の調整,細胞周期やアポトーシスの調整など細胞の生命活動にとって重要な役割を担っている.実際に加齢や神経疾患など多くの疾患でミトコンドリア機能低下が報告されてきている.この生体の機能低下に直結すると考えられているミトコンドリアの機能を評価する方法として,ミトコンドリアの形態・内膜電位・Ca2+動態・ATP計測,さらにはエネルギー代謝フラックス計測を,また,ミクロな世界を捉える電子顕微鏡から臓器・個体,さらにはヒト臨床への応用を見据えた核磁気共鳴画像まで幅広く紹介する.特に,ATP計測は我々が現在進行中の研究についても紹介したい.

This page was created on 2022-03-23T09:33:02.741+09:00
This page was last modified on 2022-04-06T15:36:49.000+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。