生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 94(2): 271-277 (2022)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2022.940271

総説Review

ヒストンバリアントの形成するクロマチン構造と機能Structure and function of chromatin containing histone variants

公益財団法人がん研究会がん研究所The Cancer Institute of JFCR ◇ 〒135–0063 東京都江東区有明3–8–31 ◇ 3–8–31 Ariake, Koto-ku, Tokyo 135–0063, Japan

発行日:2022年4月25日Published: April 25, 2022
HTMLPDFEPUB3

ヒストンバリアントは主要型ヒストンの亜種であり,ヒストンの化学修飾やDNAメチル化と同様にクロマチンがDNAの安定維持および遺伝子の発現制御に機能するために必須の因子である.精巣をはじめとする組織特異的に発現するヒストンバリアントが同定されており,精巣特異的なヒストンバリアントの欠失は精子形成が行われず雄性不妊の原因となる.さらに,ヒストンバリアントの変異が細胞のがん化の原因となることも報告されている.このようにヒストンバリアントは真核生物にとってきわめて重要な因子である.本稿では,ヒストンバリアントが形成するクロマチンの構造と機能およびヒストンバリアントが特定のクロマチンに取り込まれる機構について解説する.

This page was created on 2022-03-15T11:57:12.006+09:00
This page was last modified on 2022-04-15T17:03:38.000+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。