生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 94(3): 374-380 (2022)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2022.940374

総説Review

PD-L1の細胞内機能と発現制御機構Regulation of intrinsic PD-L1 functions and expression

聖マリアンナ医科大学大学院医学研究科応用分子腫瘍学特別研究員RPDDepartment of Translational Oncology, St. Marianna University Graduate School of Medicine ◇ 〒216–8511 神奈川県川崎市宮前区菅生2–16–1 難病治療研究センター4階 ◇ Sugao 2–16–1, Miyamae-ku, Kawasaki-city, Kanagawa 216–8511, Japan

発行日:2022年6月25日Published: June 25, 2022
HTMLPDFEPUB3

免疫チェックポイント分子PD-L1は多くのがん細胞で高発現がみられ,細胞膜上にてT細胞やマクロファージに発現するPD-1に対するリガンドとして作用し,これらの免疫細胞の不活性化や増殖抑制を促すことで免疫寛容を引き起こす.PD-1やPD-L1の免疫チェックポイント阻害剤は臨床で抗腫瘍効果が示されているが,患者によっては奏功率が低く,腫瘍の完全な消失が困難となっていることが報告されている.この問題を解決するために,現在ではこれらの免疫チェックポイント阻害剤と抗がん剤や分子標的薬との併用療法がすすめられている.PD-L1の機能や発現を制御する分子は分子標的薬の開発の対象となる.本稿ではこれまでに報告されているPD-L1の機能や発現の制御機構について紹介する.

This page was created on 2022-05-20T13:28:14.432+09:00
This page was last modified on 2022-06-20T08:01:13.000+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。