生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan

アトモスフィアAtmosphere

生化学研究の半世紀

doi:10.14952/SEIKAGAKU.2016.880683
HTMLPDFEPUB3

総説Reviews

サイトヘジンによる髄鞘(ミエリン)発生制御機構Cytohesin regulation of axonal myelination by Schwann cells and oligodendrocytes

doi:10.14952/SEIKAGAKU.2016.880687

ミエリンは中枢および末梢神経系の神経軸索を囲む構造体で,神経の機能発現に重要な役割を持つ.本稿においては,ミエリン発生の新規制御分子「サイトヘジン」の役割について,遺伝子改変マウスを用いた研究を中心に,国内外の研究と比較しながら紹介する.

HTMLPDFEPUB3

カルパインは阻害すればよいのか?Does calpain inhibition always rescue us?

doi:10.14952/SEIKAGAKU.2016.880704

タンパク質切断酵素カルパインは幅広い病態に関与しほぼすべてでその阻害が症状を緩和する.マラリアやカルパイン遺伝子変異疾患ですらカルパイン阻害剤が効く.ではカルパインは不要か? もちろん反語である.カルパイン阻害治療の現状,問題点と今後を概説する.

HTMLPDFEPUB3

細胞の競合と協調によるがん制御Tumor growth regulation by cell competition and cooperation

doi:10.14952/SEIKAGAKU.2016.880723

細胞間の競合と協調は,多細胞生命システムの構築と維持に必須のファクターである.ショウジョウバエ遺伝学を用いた最近の研究により,細胞間の競合・協調機構の理解が大きく進展し,そのがん制御における重要性がみえ始めてきた.

HTMLPDFEPUB3

核内受容体が示す有害化学物質ビスフェノール応答Structure-function studies between the hormone-disrupting chemical bisphenols and the nuclear receptors

doi:10.14952/SEIKAGAKU.2016.880733

DNAに結合して転写制御を担う核内受容体に,プラスチック原料であるビスフェノール類が結合することを見いだした.この結合体の結晶構造や,ハロゲン原子を含有する新世代ビスフェノールがエストロゲン受容体に対して示すユニークな活性などを概説する.

HTMLPDFEPUB3

みにれびゅうMini Review

タンパク質膜挿入・膜透過に関与する多機能性糖脂質MPIaseMPIase, a multi-functional glycolipid involved in protein insertion into and protein translocation across membranes

doi:10.14952/SEIKAGAKU.2016.880744

タンパク質の膜挿入反応を触媒したり,タンパク質膜透過チャネルSecYEGを活性化したりする多機能性糖脂質MPIaseが同定された.「糖脂質酵素」とも考えられるMPIaseの構造と機能について紹介する.

HTMLPDFEPUB3

有糸分裂期の機能性ヌクレオポリン:大腸がんの病態解明と治療への応用Mitotic nucleoporin orchestrates colorectal carcinogenesis

doi:10.14952/SEIKAGAKU.2016.880748

ヌクレオポリンNup358/RanBP2は有糸分裂期で染色体分離を制御する.本稿では,Nup358/RanBP2発現亢進と大腸がんの有糸分裂期での細胞死回避機構の関係,さらにはこの機構を標的とした大腸がん治療の応用について紹介する.

HTMLPDFEPUB3

植物Nudix hydrolaseファミリーの機能解析の進展—細胞内GDP-D-マンノースおよびNADH代謝制御の新たな役割—Recent advances in functional analysis of plant Nudix hydrolase family—novel roles of metabolic regulation of GDP-D-mannose and NADH—

doi:10.14952/SEIKAGAKU.2016.880752

多様なNudix hydrolaseファミリーの機能解析を通して,最近新たに植物の本酵素サブファミリーによるGDP-D-マンノースおよびNADHの代謝制御がそれぞれアンモニア応答および環境ストレス応答に関わることが明らかになった.

HTMLPDFEPUB3

テロメアクライシス期におけるM期停止を介した細胞死機構Mechanism of mitotic cell death during telomere crisis

doi:10.14952/SEIKAGAKU.2016.880756

がん化のごく初期の過程であるテロメアクライシス期における細胞死は,腫瘍抑制的な働きを持つ.本稿では染色体末端テロメアの状態によって制御される,テロメアクライシス期の細胞死経路について概説する.

HTMLPDFEPUB3

幹細胞グライコミクス:構造,機能,応用Stem cell glycomics: Structure, function, and application

doi:10.14952/SEIKAGAKU.2016.880761

糖鎖は再生医療に用いる細胞の品質管理のみならず,幹細胞機能において重要な機能を担う.ここでは,幹細胞に発現する糖鎖の構造,機能と,再生医療への応用について筆者らの研究成果を中心にご紹介する.

HTMLPDFEPUB3

成体神経幹細胞の未分化性維持機構と発生起源についてEmbryonic origin of adult neural stem cells

doi:10.14952/SEIKAGAKU.2016.880766

近年,成体におけるニューロン新生は脳機能に非常に重要であることが示されてきた.本稿では,成体神経幹細胞の未分化性維持機構とその発生起源について,最近の著者らの研究内容を中心に概説する.

HTMLPDFEPUB3

アンギオテンシン受容体とアミロイドβタンパク質産生Regulation of Aβ production by angiotensin receptor type Ia

doi:10.14952/SEIKAGAKU.2016.880771

高血圧はアルツハイマー病発症との関連が深い.アンギオテンシン受容体ブロッカーの投与が認知障害の発症を抑制することが報告されている.本稿では,アミロイドβタンパク質(Aβ)の産生および蓄積におけるアンギオテンシン受容体の関与について考察した.

HTMLPDFEPUB3

Nrf1(NFE2L1)の転写抑制能による細胞内チオール量および脂肪酸代謝制御Intracellular thiol contents and fatty acid metabolism pathways are regulated by the Nrf1 (NFE2L1) with its transcriptional suppressor activity

doi:10.14952/SEIKAGAKU.2016.880776

本稿では,薬剤投与によって誘導的かつ,肝特異的Nrf1欠失マウスにおける代謝解析からNrf1が直接制御する標的遺伝子を見いだすとともに,新たに創出したNrf1 活性調節剤のスクリーニングについて概説する.

HTMLPDFEPUB3

ガングリオシドと膜タンパク質の静電的相互作用Electrostatic interaction between ganglioside and membrane proteins

doi:10.14952/SEIKAGAKU.2016.880782

細胞膜脂質の組成変化が膜受容体活性に影響することは既知であるが,その機序に明確な答えはない.本稿では生化学的検討のみではみえてこなかった糖脂質とタンパク質の静電的相互作用を計測するために,顕微鏡による分子動態解析法に至った経緯を概説する.

HTMLPDFEPUB3

皮膚の恒常性や疾患を調節する新しい脂質メディエーターThe new lipid mediators that modulate skin homeostasis and diseases

doi:10.14952/SEIKAGAKU.2016.880786

脂質は皮膚のホメオスタシスを考える上で非常に重要な生体成分である.本稿では皮膚の恒常性や疾患を制御する新しい脂質メディエーターの発見を中心に最新の研究成果を交えて概説したい.

HTMLPDFEPUB3

フォールディングを改善するシャペロニンのテザリング効果Tethering effect by which improves protein folding in the chaperonin cage

doi:10.14952/SEIKAGAKU.2016.880791

代表的な分子シャペロンであるシャペロニンのフォールディング援助機構については長い間論争が続いている.我々が最近提唱したモデルはさまざまな研究結果を矛盾なく解釈することが可能であり,最近の研究結果と照らし合わせて解説する.

HTMLPDFEPUB3

This page was created on 2017-10-18T14:25:03.118+09:00
This page was last modified on 2017-10-18T13:59:28.155+09:00