生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan

アトモスフィアAtmosphere

投稿論文審査システム改善への新しい試み

doi:10.14952/SEIKAGAKU.2017.890791
HTML PDF EPUB3

総説Reviews

調節性分泌経路における分泌顆粒の細胞膜ドッキングとプライミングの分子基盤と機能的意義Molecular mechanism and functional significance of plasma membrane docking and priming of secretory granules

doi:10.14952/SEIKAGAKU.2017.890797

神経シナプス小胞よりはるかに遅い分泌反応を示す,内分泌細胞分泌顆粒の開口放出については,神経シナプス小胞とは異なる律速段階,分子機序があるはずであるが,未解明な点が多い.本稿では,歴史的な研究経緯を含め,現時点での知見を概説する.

HTML PDF EPUB3

スフィンゴ脂質活性化タンパク質—サポシン—の生理機能と疾患Significance of sphingolipid activator proteins—saposins and prosaposin—in health and disease

doi:10.14952/SEIKAGAKU.2017.890808

四つのサポシン(SAP)A,B,C,Dはリソソーム内でプロサポシン(PSAP)から生成される.ヒトではPSAP欠損症に加え,SAP-A,B,Cの各単独欠損症の報告があり,それぞれ,クラッベ病,異染性白質ジストロフィー,ゴーシェ病に類似した病像を呈する.

HTML PDF EPUB3

進化的に保存された神経回路形成機構inter-progenitor pool wiringによって神経回路が飛躍的に多様化するInter-progenitor pool wiring: an evolutionarily conserved strategy that expands neural circuit diversity

doi:10.14952/SEIKAGAKU.2017.890820

神経回路の多様性を拡張するための進化的に保存された発生戦略inter-progenitor pool wiring について,哺乳類とショウジョウバエの脳に着目して比較議論する.

HTML PDF EPUB3

上皮細胞間接着装置Cell-cell adhesion

doi:10.14952/SEIKAGAKU.2017.890830

上皮細胞は隣り合う細胞と接着することで上皮細胞シートを形成している.上皮細胞接着装置の機能は多細胞生物が成り立つための基本原理であることから多くの研究者の興味を引いてきた.本稿では,本研究分野のこれまでと最新の知見を交えて概説する.

HTML PDF EPUB3

痛みの生化学 最近20年の進歩Biochemistry of pain, progress in these 20 years

doi:10.14952/SEIKAGAKU.2017.890841

痛みには体内外のさまざまな刺激を識別する感覚受容の側面と不安,恐怖,過去の記憶などに影響される情動認知の側面がある.本稿では,痛みに関係する機能分子と生体の精緻な仕組みに焦点を当てて最近20年間の痛みの研究の進歩について紹介する.

HTML PDF EPUB3

みにれびゅうMini Reviews

神経伝達物質のシナプス小胞内輸送機構Mechanism of vesicular neurotransmitter transport into the synaptic vesicles

doi:10.14952/SEIKAGAKU.2017.890856

神経伝達物質の小胞充填機構の研究は,これまで単離小胞等を用いた生化学的解析が主であった.本稿では,生細胞の小胞内pHライブイメージングによって明らかとなった最新の知見を紹介する.

HTML PDF EPUB3

黄色ブドウ球菌の産生する免疫かく乱毒素ファミリーstaphylococcal superantigen-like proteinsStaphylococcal superantigen-like proteins, immune-disturbing protein family of S. aureus

doi:10.14952/SEIKAGAKU.2017.890861

SSLはスーパー抗原と共通の立体構造を持ちながらスーパー抗原活性を示さない黄色ブドウ球菌の分泌毒素ファミリーである.生理機能は不明であったが,SSLファミリーは宿主の免疫系を標的とし,黄色ブドウ球菌の免疫回避に関わることが明らかになってきた.

HTML PDF EPUB3

病原細菌による宿主細胞外グリコサミノグリカンの断片化・輸送・分解・代謝に関わる分子機構Bacterial molecular mechanism for depolymerization, import, degradation and metabolism of host extracellular matrices glycosaminoglycans

doi:10.14952/SEIKAGAKU.2017.890866

ある種の常在細菌や病原細菌は,宿主動物に対して共生や感染する際,宿主の細胞外マトリックスであるグリコサミノグリカンを定着や分解の標的とする.本稿では,病原細菌によるグリコサミノグリカンの断片化・輸送・分解・代謝に関わる分子機構を概説する.

HTML PDF EPUB3

細胞質における膜タンパク質の品質管理機構Quality control system of cytosolic membrane protein

doi:10.14952/SEIKAGAKU.2017.890872

膜タンパク質は疎水性ドメインを生体膜に挿入して機能するタンパク質である.しかし疎水性ドメインが細胞質に露出すると,不適切な相互作用を引き起こし,凝集体形成の原因となる.本稿では細胞質に露出した膜タンパク質の品質管理システムについて概説する.

HTML PDF EPUB3

PTENリン酸化調節からみえたがん抑制遺伝子NDRG2の新たな機能Novel roles for the tumor suppressor gene NDRG2 via the regulation of PTEN phosphorylation

doi:10.14952/SEIKAGAKU.2017.890877

多種のがんでがん細胞の増殖,浸潤,転移に関わるがん抑制遺伝子NDRG2は,ストレス応答因子としてPTENを含むさまざまな重要な情報伝達物質と結合し,PP2Aアダプター分子としてリン酸化シグナルを負に制御する,ストレスと発がんの鍵分子である.

HTML PDF EPUB3

母乳栄養と亜鉛:亜鉛トランスポーターの変異により引き起こされる乳児亜鉛欠乏症Breast-feeding and zinc: Transient neonatal zinc deficiency caused by mutations in the zinc transporter ZNT2

doi:10.14952/SEIKAGAKU.2017.890881

乳児の健康な発育のために,母乳中には多量の亜鉛が分泌される.本稿では,亜鉛を供給する亜鉛トランスポーターの遺伝子変異により母親が低亜鉛母乳を分泌した結果,母乳哺育児が発症した亜鉛欠乏症について概説し,乳児栄養における亜鉛の重要性を紹介する.

HTML PDF EPUB3

プロテアソーム発現制御転写因子Nrf1の活性化機構Activation Mechanism of Nrf1 for proteasome gene transcription

doi:10.14952/SEIKAGAKU.2017.890885

適切なタンパク質分解機能の維持のため,プロテアソームは多様な活性制御を受けることが知られている.本稿ではプロテアソーム転写因子Nrf1の活性制御に着目し,最近明らかとなったNrf1を介したプロテアソーム発現制御機構について概説する.

HTML PDF EPUB3

CO応答性ヘムタンパク質PGRMC1による悪性腫瘍の増殖と薬剤耐性のメカニズムの解明Identification of a novel CO-sensor protein PGRMC1 that contributes to cancer proliferation

doi:10.14952/SEIKAGAKU.2017.890889

膜タンパク質PGRMC1がヘムと結合して新規の二量体構造(heme stacking dimer)を形成することにより,がん増殖や耐性に関わることを解明した.

HTML PDF EPUB3

ペプチドミクスを活用した生理活性ペプチドの発見Peptidomics for bioactive peptide discovery

doi:10.14952/SEIKAGAKU.2017.890894

ペプチドホルモンをはじめとする生理活性ペプチドは,細胞間で働く重要な調節因子で,新規ペプチドの発見はさまざまな波及効果をもたらす.質量分析法の進歩に着目し,内分泌細胞の分泌ペプチドプロファイルから生理活性ペプチドの発見に至った研究を紹介する.

HTML PDF EPUB3

間期細胞形態による細胞分裂方向決定の分子メカニズムMolecular mechanisms for spindle orientation governed by adhesion geometry in interphase

doi:10.14952/SEIKAGAKU.2017.890899

間期の接着形態が細胞分裂方向を決めることが報告されたが,分子機構は10年来不明であった.間期細胞が分裂期に球状化する過程でコレステロールリッチな膜が形成され,紡錘体の牽引する分子複合体の足場となり,細胞分裂方向が決定することを明らかにした.

HTML PDF EPUB3

ヒトES細胞の維持・分化におけるメチオニン代謝の役割の解明Methionine metabolism regulates maintenance and differentiation of human embryonic stem cells

doi:10.14952/SEIKAGAKU.2017.890903

多能性幹細胞は分化細胞とは異なる代謝機構を有し,その特殊な代謝状態は未分化性の維持や自己複製能などに深く関与している.本稿では,ヒト多能性幹細胞の維持および分化制御におけるメチオニン代謝の役割について解説する.

HTML PDF EPUB3

脂肪酸代謝制御による炎症反応の収束Reprogramming of fatty acid metabolism is crucial for the inflammatory resolution

doi:10.14952/SEIKAGAKU.2017.890907

マクロファージは病原体の感染に対する防御だけでなく,肥満・糖尿病など生活習慣病の発症につながる「慢性炎症」の制御にも重要である.最近,マクロファージの細胞機能としての炎症応答は,細胞内の脂肪酸代謝と密接に関連していることが明らかとなった.

HTML PDF EPUB3

レム睡眠のメカニズムと生理的意義The function and mechanisms of REM sleep

doi:10.14952/SEIKAGAKU.2017.890911

近年,高度な技術発展と先人たちによる知見の蓄積により,長年の謎であった睡眠のメカニズムとその意義が徐々に明らかになってきている.本稿では我々の研究を中心に,睡眠が我々にもたらすものとは何か,最近の知見を交えて概説する.

HTML PDF EPUB3

褐色脂肪細胞およびベージュ脂肪細胞の制御機構と臨床的意義Brown and beige adipocyte homeostasis: From mechanisms to clinical relevance

doi:10.14952/SEIKAGAKU.2017.890917

褐色脂肪細胞とベージュ脂肪細胞はともに,代謝的熱産生を行う特殊な脂肪細胞であり,肥満予防のための刺激標的として期待が持たれている.本稿では,両脂肪細胞の発生起源や制御機構,抗肥満効果の有無について,最新知見を解説する.

HTML PDF EPUB3

インスリン分泌の制御機構と糖尿病の新規治療ターゲットFunctional role of SNAP23 and effect of SNAP23-binding compound for insulin secretion

doi:10.14952/SEIKAGAKU.2017.890921

膵β細胞からのインスリン顆粒の開口放出にはSNAREタンパク質が重要な役割を果たす.本稿ではSNAREタンパク質の一つであるSNAP23の膵β細胞における機能と,我々が同定したSNAP23結合化合物のインスリン分泌に対する効果を紹介する.

HTML PDF EPUB3

B細胞の活性化応答におけるBach2の役割The roles of Bach2 in activated B cell responses

doi:10.14952/SEIKAGAKU.2017.890925

抗原刺激で活性化されたBリンパ球は形質細胞への分化,IgM抗体から他のアイソタイプへ変換するクラススイッチおよび,記憶B細胞への分化から運命を選択する.この選択をつかさどる転写抑制因子Bach2の役割とBach2が調節される機構を紹介する.

HTML PDF EPUB3

This page was created on 2017-12-21T14:25:03.118+09:00
This page was last modified on 2017-12-21T13:59:28.155+09:00